オリジナルに戻してプリーズ!
・・・第1話のイントロを聞きダメだと思い、さらに唄い出しを聴いた瞬間にタイトルのように思った(叫んだ…^^;)のですが、blogでは言っちゃマズイかなぁ・・・とコメントは最小限にとどめていたのですが。

どーやら作曲者も不満大アリだったらしく(原作者ならともかく作曲者ってレアケースなよーな…)。
じゃあ、作曲者が不満ならオリジナルファンもちょっとだけ文句を言ってもイイよね^^
っちゅ~事で。

コミカルで楽しい曲だったイメージなのに月曜から景気が悪くしみったれた曲(現実世界の景気が悪いんだからせめて週初めのアニメくらいは明るくロックにいきたいもんです)でどーにも楽しくアニメを見る雰囲気ではない…。
歌詞もちょっと違ってた。
(その瞬間に「返せ!山本節!」なんて思っちゃいました)

> 「もう放送にまにあいません。これでいきますので」
それダメでしょ・・・。
間に合わないなら山本ヤッターマンで良かったのにぃ。
(と、きっと全国の女子高生のみなさんは思ってる!笑)

毎回録画するたびに入ってもきっと聞かないだろう「ヤッターマンのうた」。
(ちなみに可愛いけどどーでもいいあいちゃんとさらにもっとどーでもいいがんちゃん^^;←きっとそこは跳ばして見るに決まってる)
あの歌込みでヤッターマンなのに、あんなしみったれた歌(ヨッチャン・世良さん、何度もスマン)ならリメイクじゃなくオリジナルで充分です。



「ヤッターマン」主題歌作者 リメイク版の曲に「恨み節」
1月15日20時35分配信 J-CASTニュース

 読売テレビ系アニメ「ヤッターマン」のリメイク版が2008年1月14日に始まったが、オープニング曲を補作詞・作曲した山本正之さんが、完成した曲を聴いて「打ち合わせした事と全然違う」と、所属会社のホームページで「恨み節」を綴った。このオープニング曲を巡って「2ちゃんねる」や「ニコニコ動画」では、「祭り」「炎上」が始まっている。

■若いアイドル起用と聞いたのに50代のロックスター?

 もともと「ヤッターマン」は、フジテレビ系で1977年から2年間にわたり「タイムボカンシリーズ」第2作目として放送され大人気になった。主人公のガンちゃんと相棒のアイちゃんが「ヤッターマン」に変身し、泥棒や詐欺を繰り返すドロンジョたち3人「ドロンボー」を斬新なメカで撃退するギャグアニメだ。当時のオープニング曲を補作詞・作曲し、コミカルに歌っていたのが山本さんで、大人気だった。

 山本さんは、「『ヤッターマン』についてファンのみなさまに報告」と題する文章を、ベラ・ボーエンタテインメントのホームページに掲載した。そこには、読売テレビから過去のオリジナル「ヤッターマンの歌」を、歌手を変えて、新たに録音したい、という申し入れがあった、というところから説明されている。制作側は「ヤッターマン」を知らない子供たちをファンにするため、歌手は、若い人、たとえばアイドルなどを起用したいとし、山本さんは快諾したのだという。

 ところが、山本さんにとって信じられないことが続く。まず、インターネットに「ヤッターマン主題歌を歌いたい有名人募集!」の記事が載る。山本さんは何も知らされていなかった。そうしているうちに一本のデモテープが届く。「若い人」が歌っているのかと思ったら、77年から大ヒット曲を飛ばした50代のロックスターだった。デモテープはアコースティックギターのみの演奏で、ところどころメロディーが間違っていた。

 そして、「ヤッターマン」のオープニング主題歌が完成するわけだが、その曲は、

  「あの時、私がデモテープと思い込んでいた、あの録音物の、メロディーのまちがったところが直された、もの、。だった」

というのだ。

  「もう放送にまにあいません。これでいきますので」

という製作者側の返答があり、山本さんは「ヤッターマン」の復活をあまりに楽しみにしていた反動から悲壮感が全身に漂い、「もうヤッターマンは、切り捨てよう」とまで落胆。制作側からの電話にも出ないようになった。

■「たくさんのご意見を読売テレビに寄せてください」

 しかし、友人からの励ましもあって、

  「失敗をしたのは、むしろ、私だ。迂闊だった私だ」

ということに気付いたのだという。これからはもっと「ヤッターマン」を愛し、製作者側とのコミュニケーションを密にしようと心に誓ったのだという。そして、もっとファンの心を考えなければならないとし、

  「ファンのみなさま、、どうぞ、たくさんのご意見を読売テレビに寄せてください。叱咤も、激励も、自由に送ってください。タイムボカンシリーズは、ファンがつくるテレビアニメーションであります」

と結んでいる。

 この文章は08年1月10日頃に削除されていて、ベラ・ボーエンタテインメントはJ-CASTニュースの取材に対し、

  「何かの圧力があって削除したわけではなく、山本がファンに向けたメッセージですので、何か支障があるといけないので、放送前に下げたという形です。(山本さんが書いたように)放送が始まってからは、皆さんで議論してください、ということだと思います」

と話した。

 「2ちゃんねる」ではこの話題に関し、「ヤッターマン」放送後にスレッドが多数立つ「祭り」に発展している。カキコミの多くはオープニング曲に対するバッシングだが、

  「今風にやるとしたらこれはこれでいいんじゃないかね。山本正之の個性が強すぎるから、こうやって歌を殺すしかないんだろう」

というのもある。

 「ニコニコ動画」では今回のオープニング映像と曲と、30年前のオープニング映像と曲。さらに今回のオープニング映像に山本さんの歌を重ねた動画がかなりの数投稿され、聞き比べが始まっている。ここでも新バージョンへのバッシングばかりが目に付き、山本さんの歌を支持している。

 アニメを制作したタツノコプロは

  「担当者が外出中で、いつコメントできるかどうかわからない」

ということだった。

[PR]
by mamico_a | 2008-01-16 10:39 | 映画・舞台・テレビ・音楽
<< たまごボーロ 【持つべきものは】奢ってくれる... >>