実写版で「ヤッターマン1号」【映画】
>「嵐」の櫻井翔(25)が09年春公開の映画「ヤッターマン」(監督三池崇史)で主演することに

このスカポンタン!(ドロンジョ様調でお読みください)
と言いたくなるような主演です。
というか実写化です。
(コレ企画した人、そんなに実写版見たかったのぉ?)

この企画、あの3人組で決まると言っても過言ではないので主演がジャニタレであっても彼を食うぐらいの役者さんが演ってくだされば何も文句はありませんが…。
あくまでも主演と主役はワタシの中ではベツモノですから…^^;
(あのJ事務所がそんな配役をOKするとも思えんけど)

今クールの有閑倶楽部と同じ悲惨な運命を辿りそうな予感。
(タノムカラ早ク終ワラセテホシイ・・・)


ガンちゃん&アイちゃんが活躍しても全く嬉しくもなんともなぁいない!
ガンちゃんとドロンジョ様の絡みも・・・どーなん!?^^;



様が付くのはセナ様が初代だと思っていたんだけど…この記事を書いてて気づきましたドロンジョ様が初代だったのですねぇ(u_u)



櫻井翔 実写版で「ヤッターマン1号」
11月26日7時4分配信 スポーツニッポン

 「嵐」の櫻井翔(25)が09年春公開の映画「ヤッターマン」(監督三池崇史)で主演することになった。77~79年にフジテレビ系で放送された人気アニメの実写版。来年1月から日本テレビ系で新作アニメの放送も予定されている。

 櫻井は昨年公開の「ハチミツとクローバー」以来2度目の単独主演。「再放映ではありますが、子供の頃から記憶にしみついているあのキャラクター、曲、名セリフの世界に参加できることにワクワクしています」と意気込んでいる。

 櫻井は正義の味方ヤッターマン1号に変身する玩具店の青年、高田ガン役。三池監督は「正義のヒーローらしい風ぼうを全身からにおわせている。櫻井さんが演じるのは宿命だった」と説明。けん玉を使った武器「ケンダマジック」のアクションも見どころだ。

 ヤッターマンが使用する犬形の巨大ロボットや、悪の3人組「ドロンボー」が繰り出す敵メカはCGで忠実に再現。共演者は未定だが、配給元の日活・千葉善紀プロデューサーは「ヤッターマン2号のアイちゃん、セクシーな敵の女ボス・ドロンジョとの三角関係が描かれる可能性もある」と話している。

[PR]
by mamico_a | 2007-11-26 11:46 | 映画・舞台・テレビ・音楽
<< 帰省用チケ さんくすぎびんぐ >>