コマ大~ ファイト、ファイト、ファイト!
『さんすう』が得意じゃない(ていうかアレルギー持ち鴨)のでパズルゲームを含め数字系のモノは避けてた傾向にあるのですが…。

意味不明な時の方が多いけど(苦笑)数字系にもかかわらず、コマ大は(決して駒大ではない・・・)深夜なので好んで見てます。
(さすがに昨日は起きてられなくて「もやしもん」も見なかったけど^^;)

エミー賞…バラエティ部門もあったんですねぇ(u_u)

これを機会に「番組のプライムタイム枠進出・・・」なんてコトだけは絶対に避けて欲しいものです。
(あの枠に進出するとつまんなくなるのはナゼだ!?←深夜枠のディレクターが優秀でプライム…ウマシカばっかり・・・なんてコトはないよね^^;



たけし コマネチ大でエミー賞候補 【11月16日7時4分配信 スポーツニッポン】

 ビートたけし(60)が出演するフジテレビ「たけしのコマネチ大学数学科」(木曜深夜1・15)が第35回国際エミー賞のバラエティー部門にノミネートされた。同局の番組では97年の「料理の鉄人」以来。たけしは米ニューヨークで19日(日本時間20日)に行われる授賞式に出席。同部門で日本初の大賞受賞となるか、注目される。

 国際エミー賞は米国で「テレビ界のアカデミー賞」と言われる賞。同番組はバラエティー部門でアジア代表権を獲得し、英国、スペイン、アルゼンチンからの3作品とともに最終選考に駒を進めた。

 たけしも「ノミネートされるなんて全く予感はなかった。少し頭の良い人が出てる番組だから、バラエティー部門で大賞を獲るような番組じゃないと思う」と意外だった様子。ベネチア国際映画祭で金獅子賞や監督賞などを獲得しており「まぁ、タケシ・キタノを授賞式に呼んで花を咲かせようと思ってるんじゃないの」と毒舌交じりのコメントを寄せた。

 過去にはNHK「課外授業 ようこそ先輩」が99年に子供・青少年部門で大賞を受賞したことなどはあるが、バラエティー部門で選ばれれば日本初。94、97年に同部門でノミネートされた「料理の鉄人」は入賞で終わった。

 番組は、たけしと現役東大生の女性2人、ダンカン(48)らたけし軍団が3組に分かれ、数学の難題に挑むもの。「この世界に入っていなかったら数学の研究者になりたかった」と言うたけしが数学マニアという意外な一面を見せている。

 番組には視聴者から数式の問い合わせが相次ぐなど、昨年4月の放送開始以降、反響も少なくない。若年層の数学力の低下が叫ばれる日本にあって、世界からその貢献度が認められたとも考えられる?たけしは「数学はアートだとニューヨーク中に伝えてこようと思っている」と意気込んでいる。

[PR]
by mamico_a | 2007-11-16 09:21 | 映画・舞台・テレビ・音楽
<< メガナントカ 現代用語の基礎知識 >>