市立図書館
すっかりあげるのを忘れた画像を発掘しました^^;
撮影日は夏休みの宿題の追い込みの8/31(苦笑)

21日くらいがオープンだったので一週間後に訪れていたことになります^^;
ここには市で唯一のデパートが建っていました(デパート自体は斜め向かいに移転してます)。
戦災にも耐え抜いたという建物でレトロ感たっぷりで、残して欲しいなぁと思っていた人も多かったのですが、老朽化&耐震性がないということで建て直しで斬新な外装になりました。

これが都内ならオサレなのでしょうが、田舎なこの地ではぼろ切れがぶら下がっているビンボー臭い微妙な建物(ウィキさんに飛びます←外観の画像の手持ちがなかったので^^;)にしか見えませぬ…^^;(隈さんごめんなさいm(_ _)m←設計した人^^;)

目的は偵察(笑)を兼ねて図書カードを更新すること。
司書の人は一週間経っても慣れないらしく初日からの数日のバタバタが目に浮かぶような手間取り具合^^; (借りますか?と言われたけどバタバタしてるの見たらちょっとヤバそうで断熱しちゃった( ̄▽ ̄))


b0015055_18013295.jpg
ガラス美術館も併設されているので書棚の番号だったりがガラス棒(orっぽい何か)で出来てます。
一部無理だったようで木だかアクリルだかで作られてます(笑)

b0015055_18020396.jpg
窓からの自然光が入り良い感じです。
ただ北向きなので(前は西陽が当たるところもあったので良いのではないかな)あまり良い景色とは言えません。(斜め向かいのデパートと真下に路面電車(セントラム)が見えます)
キッズルーム(右下)は東向きなので細い窓から天気の良い日は立山連峰が拝めるかも^^;

蔵書は前より増えたのかなぁ…
検索システムはちゃんと使えるようになってて本当に良かった♪
以前はタッチパネルで突き指するくらい力一杯押さないとしても作動しない超ポンコツ(。-_-。)
しかも少なくとも数年前からそのままorz


美術館も併設しているからか図書館にも時節柄(おわらシーズンに突入してました)観光客がちらほら。
特集コーナーも設けていたけど、CDが皆無っていうのは…^^;
8尾がイヤだと言ったのかもだけどこの時節だからちょびっと取り寄せれば良かったのになぁ。







◯の内の旧図書館時代はワンコインぐらいでそこそこ美味しい食堂があったのですが、今は新しい建物に合わせて食堂自体がオサレなカフェという形態に代わり(笑)おっちゃんおばちゃんもいなくなってしまったorz ←お歳なので引退したのでしょうね

しかし、市という公の建物のクセに地元の店じゃなくナゼ他県のお店⁉︎(。-_-。)
(麩専門店のカフェが入ってます。嫌いじゃないです。麩の携帯(?)お吸い物が美味しいです。ただ公共施設に入居はちょっとうーんと思います。地元のお店を蔑ろにしてるっぽくて。入札で決まったのでしょうが…)
しかも安くはないし。←図書館利用を考えるとね
こういうのはなんだかスッキリしませんねぇ…

近場で連邦っぽいモノを求めるならこんなお店より徒歩3分くらいの所にある反魂丹(昔ながらの薬屋さん。薬膳がいただけます)をオススメ。(モノによっては前日までの予約が必要な場合もあるので確認してね)

駅前に出来たTやマルシェの回転寿司屋も金箔からだし(。-_-。)
こういうところが金箔王国の属国っぽくてイヤ。


一部追記:9:21


[PR]
by mamico_a | 2015-10-29 07:30 | 連邦王国
<< 屋上庭園 世界一美しい >>