祝・ランチ再開
7/3からランチを再開したそうで、たまたま通りがかって気づきました。←ラッキー?

暖簾は出てるけど、薄暗い。
※お店出た後に見たら灯がちゃんと点いていたので点け忘れと思われ(笑)画像は出てきた時に撮ったので点いてる^^;
b0015055_11312233.jpg
手書きのメニューが出てるしボイラーの音がするのでやってるよね…?と恐る恐る戸を開けるとちゃんと開いた!(笑)
中からもいらっしゃいませの声も ← 良かった。やってたよ(まみこ、心の声:キートン山田風)

こじんまりとした居酒屋さんで飲んべえしか行かなそうな雰囲気。
私がいた間のお客は私以外は全ておじさまでした。
カウンター席の後ろ(通路)にはずらっとキープの一升瓶が!
ここ夜も美味しいに違いない!(いいなぁ、いいなぁ)

ランチは肉と魚の2択。@830
鶏の岩塩焼きトマトソースも美味しそうだったけれど、海老フライとカキフライに卵とじ により心が動きました^^; ←エビ・カキって魚介類だけど魚じゃないよね(笑)

b0015055_1131233.jpg
三段重(散弾銃と変換されたヤメテ)で運ばれてきました♪
こういうのって何かテンション上がりますねぇ^^;

でも、熱くてお重を下ろせない(´・ω・`)
おしぼりを駆使してようやく全部がお目見え。
b0015055_11312416.jpg
試行錯誤しながらのわくわく感がたまらないのは私だけですか?

男の人にはごはんが少ない(約20×20お重にうっすらお上品に…)ような気がしました(or A坂必殺の女の子盛り@連邦再びか?( ̄▽ ̄))。
最近諸事情につき(苦笑)大食いをお休みしているので断言はできません^^;

ご主人は特撮系イケメン(黒とか銀あたりかな)っぽい←あくまで主観なので…^^; を堪能しながらいただきました。






ちょっと困ったコト
店頭に出てた手書きのなげやりなランチメニュー(苦笑)に値段が一切なくて… ←夜メニューにはある^^;
ぼったくり価格だったらヤダなぁと思ってどきどきしたけど、基本このタイプのお店だと街の中だし"せんえん"超えない良心価格だと思ってたけど外さなくて良かった〜と思ったのも事実^^;





[PR]
by mamico_a | 2015-07-20 12:30 | 食べ歩き
<< ぬれ甘なっと(花園饅頭) ブルーベリーの収穫 >>