ベイブ 都会へ行く
という映画がテレビで入っていたので、観てました。

これの前作にあたる「ベイブ」が面白かった記憶があったので、前から観ようとは思っていたので、なかなか観る機会がなくて「これはチャンス!」と思いました。
でも前作で止めとけばよかったかも…。
2匹目のどじょうを狙うのは判るけど。
というのが正直な感想です。

農場主ホビットさん(もちろん「ロード・オブ」とは縁も所縁もない)の奥さん、「オッス、オラ悟空」の人だ…(笑。エンドロールで気づいた)
ホントは字幕付きで観たいんだけど、テレビのアフレコ版だとこういう面白い事もあるので、一概に悪いとも言えない。
(近所にレンタルショップがないのが悪い。苦笑)
農場系だからか翻訳していた人は、「大草原の小さな家」も翻訳していた人だったし。
という妙なところで感動していた私は、他人とハマるツボが違うのかも…。

「ベイブ」自体が映画館でやっていた頃、私は「ムツゴロウさんとゆかいな仲間たち」系のドキュメンタリータッチのお話だと思って敬遠してました(笑)
ムツゴロウさん、苦手なんです。(イナゴロウさんは好きだけど…大笑)
[PR]
by mamico_a | 2004-09-10 23:11 | 映画・舞台・テレビ・音楽
<< クリントン前米大統領が退院 スト回避 >>